“みやざき”をプラスするWeb製作会社 bild(ビルド)

崎田さおり

フリーランス ライター 宮崎県内を中心に、コピー、インタビュー記事など、いろいろな文章を書くお仕事をしています。

企画 2018年05月16日

伝統ある挙式披露宴会場だから叶うウエディング

少人数ウエディングの魅力#1 ガーデンベルズ宮崎

page:2 - 少人数でも後悔しないウエディングにするには?

-少人数のウエディングだとコスト面がどうなるのか気になる人もいると思います。

 披露宴にかかる費用については、50人以下の少人数ウエディングであっても、お2人のやりたいことは何か、何を重要視するかを考えて、お金を掛けるところには掛けて、抑えるところは抑えることで、予算内で行うことは可能です。

 予算が掛けられないといっても、何を大事にしたいか?写真をしっかり残したいか?演出に力を入れたいか?お料理と飲み物をいいものにするのか?などこだわりたいポイントを聞き出して、価格のバランスを取りながら予算内でご提案しています。

 少人数のウエディングでも、写真はきちんと撮って、記録に残したいというカップルは多いです。

初めて会場の見学に来られる方は、披露宴にどれぐらいお金が掛かるか分からない場合も多く、希望する予算の見当さえつかないということがあっても不思議ではありません。何にどれぐらい掛かるのか、どんなことを披露宴でやりたいのかをくみ取って提案しますので、気軽に相談に足を運んでいただきたいです。

-少人数でも後悔しないウエディングにするには?

 少人数ウエディングは、ゲストとして出席するチャンスが少ないため、具体的なイメージをつかみにくいと思います。しかし、カップルが結婚式場に求める、少人数ウエディングのイメージは、挙式と披露宴という形を考えられている方が多いと感じています。

 見学に来られるカップルには、最近少人数のウエディングが増えているというお話をして、お2人がゲストにどんなことを披露宴でしたいと思っているか?どんな結婚式にしたいかを聞き出すようにしています。

また、少人数だからこそ、挙式を重く考えている方が多いようです。大事な人だけを呼んで披露宴をしたいというお2人だからこそ、儀式としての挙式も大事に考えられているようです。

地元は宮崎ではあっても、県外で働いているため、地元でのお披露目会もしたいという方は、1回の披露宴で完結ではなく、地元と今住んでいる場所との2回行うという方もいます。

 また、少人数ウエディングは、結婚式をする予定がなかったお2人に挙式をプレゼントするというサプライズに使われることもあります。

ドレス1点は着てみたいという花嫁のあこがれを叶えるため、少人数でもできるということや、予算も負担なくできるということをお伝えしています。

新着記事